冬のスキンケア、プラスワンアイテムのおすすめ

美容・ケア

在宅勤務や外出自粛でエアコンによる乾燥、
毎日のマスクでお肌への刺激を気にしている方も多いのではないでしょうか。
連日の寒さもあり、乾燥が気になりますよね。

今回はスペシャルケアとして、フェイスマスクをご紹介します。
じつは、私が初めて商品づくりに携わった思い出のアイテムです。

少しだけ、ブランドの紹介をさせて下さい。
富山県産のお肌に良い素材をふんだんに使用した”美絹(うつくしるく)”
このブランドの商品全てには、絹織物の産地・富山県城端(じょうはな)の加水分解シルクが配合されています。
加水分解シルクに含まれる「セリシン」は、私たちヒトの皮膚に類似したアミノ酸で構成されており、
保湿力が非常に高いとされています。

フェイスマスクには他にも、富山湾の海洋深層水、小矢部のハトムギヌカ油が使用されています。
海洋深層水は、羊水のミネラルバランスに類似していると言われ、お肌の調子を整えてくれます。
また、肌のバリア機能も向上させる働きがあります。
ハトムギヌカ油は、お肌の皮脂バランスを整える働きがあると言われています。

必要な成分のみを配合したシンプルな処方にこだわり、
パラベン、エタノール、着色料、香料は使用していません。

富山にずっと住んでいるのですが、こんなに良い素材があるなんて商品を開発するまで知りませんでした。
実はこのブランド、富山県滑川市にある滑川高校、薬学部という部活動と共同で作っています。
このストーリーは、また次の機会にお話ししますね。

・美絹(うつくしるく)フェイスマスク
乾燥しがち、揺らぎがちなお肌を、潤いのある”きっときと”なお肌へ導きます。

開発にあたり、このフェイスマスクには、こだわりをぎゅっと詰め込みました。
①シートの素材
 シートには保湿性と密着性に優れた素材を採用。
 溶液との相性はもちろん、同じ素材でもシートの編み込み方向にも着目しています。
 たっぷりの溶液を保持しながら、マスクは開きやすく、伸びて欲しい方向に広がります。
②+αの保湿成分、ブライトニング成分追加
 加水分解コラーゲン(保湿成分)、ヒアルロン酸Na(保湿成分)も配合。
 ビタミンC誘導体も配合し、透明感のあるお肌へ導きます。

いつものケアにプラスして、週に1~2回程度の使用がオススメです。

お肌の調子が気になるなという日、今日は頑張った!という日、大事な日の朝に使っています。
マスクをした後は、透明感ある潤う肌になり、お気に入りです。
お友達へのちょっとしたギフトにも。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。